PRESIDENTS DIARY 2005

>> BACK HOME / ver. 2004 / Search / Log / Admin


  • DEEP STREAM代表および副代表、計3名による日記です。
  • ↑一応紹介しておくと、小林(でらえれ)、森(芦屋)、北川(眼鏡好き)です。
  • 時にまじめに、時にくだらなく。
  • 励ましのお便りは deepstream@yr.boo.jp まで。

  •   今期最後のご挨拶
    Date : 2006-01-17 (Tue)

    皆さんどうもこんばんは、日記というものを3日坊主ですべて済ませてきた小林です。新年から新体制に移行したこともあり、遅いながら今年一年を振り返らせていただきます。

     DEEP STREAMのコンセプト「人間的音楽的成長」の僕自身の解釈としては、

    「音楽を知り、学び、練習して自分自身の音楽という幅を広げること、音楽という一つの手段を使って人との関わり方を学び、そして自分自身の考え方の幅を広げ、そしてバンドというものを一つのコミュニティと捉えてそれによって社会での一つのコミュニティの関わり方を学ぶこと」

    でした。そして僕が代表というあくまでサークルといえど、人の前を歩く人間として一番重要と思い、常に心がけてきたことは

    「雰囲気」

    でした。サークルの代表として人に自分の意見を聞いてもらうためにはその人が自分のことを好きになってもらうのが一番だと思い人間関係に特に注意を払い、そしてその人達がサークルの顔である自分に少しでも話しかけやすいような雰囲気、テンション、関わり方を実践し、その人達がサークルにより関わりやすくなるよう心がけていました。

    人と人が仲良くなるには何が必要なのか?
    ・相手のことを知ること

    相手のことを知るためには何が必要なのか?
    ・まず相手に自分のことを知ってもらうこと

    人と人が知り合うために最初に必ず必要なものは?

    このような自問自答の結果、人と人とを結びつけるために最初に必ず必要なものは

    「挨拶」

    だと思いました。最初は初めての挨拶でほんとに挨拶だけで終わるかもしれませんが、次に会ったとき、その次には「最近どう?」とか「どんな音楽聞いてるの?」とか少しずつ話が広がります。逆にもし最初の時点で顔は知っているけれどきまずいから挨拶をしないとか、前回挨拶をし損ねたから挨拶しづらいという理由で目をそむけてしまったら、相手の人が特に普段サークルにあまり参加しないような子だとしたら、その人は余計サークルに参加しづらくなるかもしれないということも考えて、必ず挨拶はするということを心がけていました。また人との会話の中で雰囲気というものを意識して、

    「人を理解しているフリをして自分の意見を他人に押し付けたりしていないか」

    ということにも細心の注意を払いました。代表という役柄上自分の意見を話す機会が多くなったので、細部の意見をも汲み取るためにはこのような配慮が不可欠でした。今年度を通してその気配りが足りていないと思った方にはこの場を借りて謝らせていただきます。自らの能力不足で迷惑をかけてしまい、本当にすいませんでした。



    そして僕自身がプレイヤーとして一年を通して心がけていたことは
     
    「全てのことを楽しむ」、「新しいことに挑戦し続ける」

    ということです。音楽、バンド、サークルはこうあるべきだという信念や使命感をもつのは重要なことだとは思いますが、音楽は文字で書くとおり

    「音を楽しむ」

    つまり楽しいと思うからこそ「もっと音楽をやりたい」とか「もっと練習、勉強をしたい」と思うと僕は信じています。
    また今年一年はベースだけでなく、サンプラーや民族楽器、PC音楽等様々なものに挑戦してきましたが、どのくらいの演奏能力だったかということはぬきにして、すべてが皆さんにとってプラスに働いたと僕は思っています。もし僕の演奏をみていいなとか、かっこいいなとか思ってくれた人がいたならば、それはその人にとって新しい音楽へのいざないとなってくれると思いますし、こんな音楽はだめだとか、こんな演奏はだめだとか思った人でも、僕の演奏を聞いて新しい楽器、音楽があったことをそこで確認できたということはすばらしいことだと思います。




    最後に、来年度のDEEP STREAMを担う現1,2回生のみなさんへ

    僕らやその先輩方が今までこのサークルで行ってきた確固たる信念を必ずや絶やさず次の新入生、そしてその次の新入生へと受け継いでいけるよう皆さん協力、そして切磋琢磨しながらがんばってください。

    Always keep going!!

    一年間ありがとうございました。


    前代表 小林洋一




      最後。
    Date : 2006-01-15 (Sun)

    はい!芦屋の核弾頭ことヒロシムからバトンがまわってきたので書きます。
    何はともあれ今年一年間お疲れさまでした。
    なんやかんやで色々あって自分自身も勉強の一年でした。初めての事もたくさんあって、皆さんをヤキモキさせてしまった事も多々ありましたが、充実した一年間だったと思います。
    さてさて、DEEP STREAMのコンセプトにもある「音楽的・人間的成長」ですが、皆さんそれぞれの解釈があると思います。
    自分はこのコンセプトを

    『挑戦』

    と解釈して今まで数々の愚行もとい、色んな事に取り組んで来ました。まぁ、様々な挫折・失敗・後悔・達成・楽しみがありましたが、この考えが間違っていたとは今の一度も思った事はありません。
    僕は少しのやる気と行動力・意志があれば何でも出来るorやらせて貰え、そして真剣に馬鹿になれるこのサークルがすごく好きです。
    森も書いていたが、みんな音楽が好きで仕方ない連中の集まりだと思います。この「音楽が好き」と言う気持ちを忘れなければ何でも出来ると思います。音楽は自由なものだから。

    ちょっと言葉足らずな面もありますが、これでシメさせてもらいたいと思います。至らない点は多々あって申し訳ありませんでした。でもすごく楽しかったし、勉強になりました。一年間ありがとうございました。

    皆さんも挑戦する事を忘れずに立ち止まる事なく転がっていって下さい。

    アディオス。

    じゃ、最後の言葉は2005年度DEEP STREAM総番長、愛知の星こと小林洋一君です!お願いしまーす!

    キタガワヨウスケ




      かなり放置。そして最後。
    Date : 2006-01-14 (Sat)

    えー前回の発言が1ヶ月半ほど前ですね。
    さぼってごめんなさい。
    年末ライブやら代替わりやら何かとあって、書くネタは沢山あるんですが、
    基本めんどくさがりなんで一言ですませます。

    「あけましておめでとう!!」

    さて、今回のこの書き込みは私にとって最後になります。
    一年間、たいした内容は書いてませんが読んでくれて何か感じてくれた人がいれば幸いです。

    先日、代も変わって、いよいよ新体制が始まります。
    今年も何かと色々あったりなかったりあーだこーだどやさどやさすると重いますが、「音楽が好き」という気持ちさえ真ん中に置いておけば、なんだって楽しくなると思います。

    気張って、楽しんで、無茶して、落ち込んで、喜んで、どやさどやさ。

    なんだっておもしろくなるはず。

    最後まで取り留めのない発言ですみません。
    みんな一年間ありがとう、お疲れ様。

    では私の高校時代の担任であった、Zack de la Rocha大師の言葉を皆さんに送って、任から降りたいともいます。

    「But now you do what they told ya.」(訳:はなげ、むなげ、父ちゃん)

    アディオス。

    次は北川”あれお前マジで・・・”陽介君です。どうぞ。

    The End of Hiroshi




      考えるだけなら猿でもできる。
    Date : 2005-11-27 (Sun)

    まずAIDに関わった全ての人たち、お疲れ様です。

    DEEPが参加するイベントの中では、今回のAIDは参加人員的に過去最大級の規模となりました。
    上ヶ原から自宅が近い僕がいろいろやってたわけですが、なにぶん始めてのイベント、さらには私的な事情も合わさってイベントの進行に不備があったかと思います。
    EVENT BBSにも書きましたが、この場を借りて再度謝罪します。
    ゴメリンコ★

    さて振り返れば、小林も書き込んでいるようになかなか有意義なイベントになったのではないかと思います。
    他サークル、部のパフォーマンスはもちろん、イベントに対する姿勢やはっちゃけぶりには僕もなかなか刺激を受けました。
    僕は文総の4回生のドラマーに完全に心奪われました。恋です。・・・ぽ。

    ・・・さてさて、なにより僕が今回感じたのは「繋がる」ことの可能性と「動く」ことの尊さです。

    人間は得てして考えすぎてしまう傾向が強い生き物です。
    特に学生なんかはあまりに可能性がありすぎて、多くの人は何をしようか選ぶだけで時間を食ってしまっているように思います。
    僕も例にもれずそうであった時期があります。
    いまから書くのは僕の経験からくる結論なので一意見として捉えてほしいのですが、

    「何も考えない奴はクソ、考えた末何もしない奴も同じくらいクソ」って思います。
    (表現が汚くてごめんね。率直に表すとこうなってもた・・・ぽ。)

    最近は学祭、三田農業祭、AIDと間髪無くイベントが続き、全部員が自らの持つバイタリティーを発揮する機会が大いにありました。
    しかし、全員がそれを意識したのでしょうか?
    DEEPの副部長として言わせてもらえれば、「DEEP部員ってこんな少なかったっけ?」という感想です。

    「忙しい、時間が無い」「金が無い」という言葉を吐く人が多いですが、そんなもん自分次第でどうにでもなる要素です。
    「サークルには興味ない」「楽器が上手くなりたいだけ」、そんな人はサークルを止めて自分で勝手に練習すればいいです。

    サークル所属したからには、なにか自分ができ得る役割を見つけそれに裂くことができる自分の力を出し尽くす責任が生じます。
    「無理してやれ」とはよう言いませんが、「できることはやれ」とは言っておきます。
    幹部の役割を担っている人間ですら、みんなと平等に学生であり、一サークル部員なのです。
    つまり、全部員が同等の仕事をこなせる能力が絶対にあります。

    「動く」。ただそれだけでいいのです。

    今回の一連のイベントでできた「繋がり」を絶やすことなく、DEEPのより一層の活性化に役立てて下さい。

    そして、もっと楽しんで欲しいです。


    森 ヒロシット




      AIDを終えて
    Date : 2005-11-26 (Sat)

    AIDに参加した人、見に来てくれた人、本当にお疲れ様でした!!

    上ヶ原のサークル、部とこのようなイベントを共有できたことを本当に誇りに思います。

    上ヶ原のサークルはやはり長く続いているサークルだけあって本当にqualityの高いものばかりでした。今回のイベントに参加してくれた人、見に来てくれた人は感じたかもしれませんが、DEEPは良くも悪くもまだ発展途上であると僕は思いました。イベントのノウハウ、音響技術、一つの楽曲へのこだわり、他のサークルのがんばりをみると、DEEPはまだまだがんばれると思いました。今回のほかのサークルや文総の演奏、その他もろもろの行動を見て、少しでもこれからの自分達の激励になればと思います。

    今回初めて参加することができたこの合同サークルイベントから得られたサークルや人間の関係を絶やすことなく来年の次の代に引き継いでいけたらと切実に思いました。

    いやーイベントに参加したとかしないとか関係なしに打ち上げだけでも参加して本当によかった。僕自身たくさんの人と音楽、そしてこのイベントを共有することができて本当にたのしかったです。

    次はPLUG Vol.2、ロックサミットでがんばりましょう!!

    小林洋一




      レイジアゲインスト
    Date : 2005-11-11 (Fri)

    こんばんわ。先日携帯電話を紛失してしまい、今軽くデジタルデバイド状態にいる北川です。

    最近めっきり機械運に恵まれません。。。まさにRage Against The Machineです。

    さてさて、怒涛の様に過ぎていって10月でした。
    特に学園祭はほんとうに皆さんお疲れ様でした。個人的にはバンドでも新たな試みと言うか新境地が実践したり、初めてビラなんてものを作ってみたりと挑戦の学園祭でした。

    ビラ作りに関してはまったくの素人だったので、フォトショやイラレを使いこなすのに大変苦労しましたね。。。
    お陰でゼミを2回連続でサボってしまい。ゼミの教授に怒られてしまいました。(まぁビラ作りがゼミの活動として認められたのが幸いだったが。)
    ビラ作りに関してアドバイスや意見を言っていただいてみなさん。ありがとうございました。いい勉強になりました。音楽以外の活動や勉強がしやすい環境があるこのサークル、ほんと好きです。LOVEです。

    バンドに関しては、かなり変わった音楽が出来て楽しかったです。サガラさん・ファルコンありがとう!☆一緒に出来て良かったです。
    変拍子や不協和音・不可解な楽曲展開などプログレ的な音楽は初だったのでマジで楽しかったー。ベースボーカルも恐れ多くもやってしまったりなんかして、だいぶ満足です。なかなかおもしろいものが出来たのでは無いかと自負しとります。

    学園祭も初日は雨に見舞われて泣く泣く体育館でのステージでしたが、2日目は無事晴れて、前日にみんながステージを運んで、組み立ててくれたお陰で野外で出来てよかったです。
    こう言った大きなイベントは(まぁ大きくても小さくてもイベントの重要度は変わらないとは思うが)部員の協力が無ければ実現しないものですが、今回はみんなが自発的に動いて手伝ってくれたお陰で作業もスムーズに進行して安心して見れました。
    イベントの内容もみんなそれぞれのバンドが趣向を凝らしたステージを魅せていて、自分もかなり触発されました。ディープストリーム愛してます。LOVEです。

    次のイベントとしては関学の軽音サークルが一斉に集う、AIDですね。出演者の方々は良いステージにしようと練習中かと思います。ディープの底力をこれでもか!ってな具合に魅せて下さいませませ。

    そう言えば、この前レポートの提出を締め切り2時間前に気づいて、ものの1時間で読み返したくも無いクソレポートを書いてしまいました…。こんな綱渡り生活もうイヤです。。。こんな事にならないようにみなさん計画的に行動しましょう。
    ご利用・ご返済は計画的に。

    北川”イマアイニイキマス”陽介




      ひるらいぶ2。とか。
    Date : 2005-10-26 (Wed)

    今日は皆さん昼ライブの準備、片付け等お疲れ様でした。
    進行の上で少々気になることがあったので書き込みます。

    まず、準備の人数が少なかったです。
    授業等の学校関係は優先事項ですが、その他どうしてもはずせない事情がある場合以外は絶対参加が基本です。
    その場合もライブ出演者に連絡して一言いっておくのも、常識的マナー。
    一回生でできている人もいるれば、上級生でできてない人もいるので、そこらへんもっぺん考えてみてください。

    あと今日は一応「新月祭ライブの宣伝」というのが第一目的であり、それに伴いビラ配りは必須の仕事です。
    ですが、多くの人はそのタスク実行を怠っていたのではないでしょうか。
    ライブを見たい気持ちはわかりますが、DSの一員としてイベントの成功の為に尽力することの方が優先です。

    新月祭本番まであと僅かです。自分たちの置かれているポジション、役割をもう一度反芻してみてください。
    わからなければ、上級生なりわかってそうな人なりに聞けばOK。

    イベントの出来は各自の参加意識、責任感の強さで大きく左右します。

    DS初の野外イベント、サークル部員一丸となって極上のもんにしましょう。そしてうまい酒を飲みましょう!


    部長・副部長・あともう一人の副部長一同




      ひるらいぶ。
    Date : 2005-10-24 (Mon)

    なぜかライブドアのIDが削除されてしまい、ブログが今後更新不可能になってしまった、ベースの方の副代表です。(谷口氏ブログの削除をお願いします。更新出来ないんじゃねぇ。。。)

    えー、今日の昼ライブの準備、片付けを手伝ってくださったみなさん。PAをやってくれたむっちゃん。ありがとうございました!お陰で青空の下、気持ちよく演奏ができました。謝謝。そしてホデロサ一同もっともっと精進します。

    次の昼ライブは水曜日ですね。スリップノットとゲッツ(4回生)のブルース弾き語りやったかな?そのときにはビラも完成しているので、ガンガン配って学園祭ライブをアピールしましょう!

    いよいよ今週の土曜日、本番です。自分のところのシャッフルはかつってます。。。まぁどこのバンドも今頑張って練習中の事でしょう。学園祭はライブハウスとかではないし、お客さんはお金も払わなくてもいいので、不特定多数の人が見に来るでしょう。今からドキドキしてます。ディープの中でもかなり大きなイベントじゃないでしょうか。その分気合いも入ります。良きイベントになるよう頑張りたいところです。
    そして今回は野外!いやー、どうなるんやろ?とりあえず雨が降らない事を祈るのみ。準備、片付けも部員全員が強い参加意識を持てば、うまくいくはずです。そしてライブが無事終了してうまい酒が呑みたい!うまい酒を呑むためにも今一度気合いを注入して、学園祭に臨みたいっすね。

    コバへ
    体が資本やから、体調が整うまでゆっくり休んでください。。。m(_ _)m
    あんまり無理しないように。




      ITに向かって撃て!
    Date : 2005-10-06 (Thu)

    私もお久しぶりです。IT運のない男です。

    さて色々書きたいことがあるのですが、全ての想いをぶつけると大阪〜東京間を徒歩で行脚するほどのカロリーを消費しそうなので端折りつつ。

    さてさて、BBQ、レコーディングに合宿、合同イベント「PLUG」と盆と正月が同時に来たような(実際、お盆はきました)イベントラッシュに見舞われた夏休み、DSにとってとても充実したものになったのではないでしょうか?

    私は個人的にPC昇天やその他のごたごたがあった8月、
    イベントラッシュや韓国、インド行脚に見舞われ月の3分の2は家で寝ていない日々を過ごした9月、
    と目まぐるしい日々を送りました。
    そのせいで合同イベントでは多くの人間に負担をかけてしまい、
    謝罪と感謝の気持ちでfilled my heartです。

    それでも「PLUG」、なかなか良いものになったのではないでしょうか?
    他軽音サークルと一緒にやるととても刺激を受けます。
    普段見ない人たちのパフォーマンスを見るというのは、自分たちに欠けてるものや、
    逆に長けているものを見つけることのできる良い機会ですな。
    そう、まるで鏡のように・・・ィェス。
    このイベントは継続性を前提に置いて行ったものなので、
    2回生、1回生のみんなは今回できたコネクションを絶えることなく、どんどん利用していって欲しいと思います!
    それが我らカシミール3人衆(コバヤシ・シヴァ・ヨイチ、キタガワ・ダルシム・ヨスケ、モリ・ガンジス・ヒ・ロチャ)の想いです・・・

    そして新学期が始まりました!
    秋学期も予定されているだけで、学祭、AID、年末ライブと盛り沢山。
    そして新たなイベントも必ずやぽっと企画されるでしょう。
    夏休みに経験し身に着けたDSのバイタリティー、タフネス、そしてエロスを如何なく発揮して、
    シャイニング秋学期にしようじゃないのさ!ヘイヘイ!!

    ※「端折ってこれかい・・・」という人格否定は受け付けません。


    モリ”こんやがやまだ”ヒロシ




      Hisa-Bisa
    Date : 2005-10-06 (Thu)

    久しぶりの書き込みです。合宿くらいからどうも僕の歯車は狂ってしまっているようです。。。しんどすぎでした。ここ最近の生活の一部をご紹介。

    9/20
    0:00-5:00 オールナイトスタジオ

    9:00-17:00 授業補講


    9/21
    0:00-6:00 オールナイトスタジオ

    8:00 帰宅、ベットにわずか数メートル届かずに家の廊下で倒れる。

    11:00-15:00 授業補講

    15:10-18:20 部室練習

    19:30 バードランドに練習のため直行。しかし到着後,実は246westで練習ということを聞き途方にくれる。

    21:00-0:00 アライブにてスタジオ練習

    1:30 帰宅

    2:30 就寝


    9/23
    9:30 三宮集合

    10:00-21:00 PSS, BUGS合同ライブ

    21:00-23:30 打ち上げ


    9/24
    0:00-5:00 電車が無くなったため、ファミレスにて待機

    7:00 帰宅

    9:00-16:00 眠ることなく実験補講

    17:00-22:00 私情により東京に直行


    東京観光。そしてこの後もいろいろとこんな感じで忙しい中、多くの事態にみまわれる。

    なんかホント大変でした。精神的にまいりました。でも先週の土日はホント久々にゆっくりぐうたらしていたので、体は元気がでました◎

    これからサークルの一大イベント学園祭ライブが始まろうとしています。よりよいものを作るためには、体調管理も不可欠ですが、それ以前に気持ちで負けてしまってはいけません。部員一人一人がイベントをよりよいものにしていこうという強い気持ちがあれば、準備、片付け、しいては本番の質もぐんと上がると思います。各自の忙しいと思う気持ちはわかりますが、僕のように無駄にハードスケジュールを組んでいる人もいるんだなと思ってもうちょっとがんばろうかなとか思ってもらえればほんと幸いです。

    これから準備の手伝い等で忙しくなると思いますが、学園祭みんなでいいものにしていきましょう!!!

    小林洋一




      ついに
    Date : 2005-09-13 (Tue)

    早いものでもう明日が合宿出発日となってしまいました。。。

    Autumn leavesやパートの集い、バンドでやる曲や課題曲、他にも山ほどやることがある今回の合宿。生きて帰れることを願います。でもやっぱドキドキ☆

    セッションでいきなりAutumn Leavesをやるということになりましたが、まあ皆さんあまり心配は無用です。僕の意図としてはセッションの大道であるjazz sessionを少しでも多くの人に触れてもらうことにより、よりセッションの面白さを知ってもらいたいということなんですね。だから、正直今回僕は一回生にはやるというよりも、見て学ぶ、見てこれからやろうとする、ということを望んでいます。

    合宿でどんな音楽が飛び交うかはほんとに見物。皆さん力の限りがんばりましょう!!

    小林洋一




      レコお疲れ様です。
    Date : 2005-09-04 (Sun)

    遅まきながらレコーディングお疲れ様でした!自分自身今回が初レコーディングだったのでしたが、前日から緊張しまくりで、本番も緊張で足が震えてました。。。
    しかし、いい経験が出来ました!自分の今の力量がモロの出てくるし、客観的に自分の音・演奏力やバンド全体のバランス・曲の良さ・悪さが聴けて、今後の課題が見えてきた気がします。レコーディングした直後の生の音源をヘッドフォンで聴いて、「俺ってこんなんなや…。こんな風に弾いてたんや。へっぽこやん。。。」ってな具合にヘコみました。いや〜、マジでヘコんだ。ここまでヘコむと、逆に爽快感が出てきました。
    開き直るしかないですね。(イイ意味でね!)
    しかし、レコーディングの時の集中力は半端じゃなかった!ベースを弾くこと以外の事を考えてしまったり、ミスってしまったら最後。
    日々是精進。

    あと、自分たちのへっぽこな音源がプロの手にかかるとあそこまで変わるのかぁ!って位ミキシングには感動を覚えました。親切に説明していただいたり、アドバイスをもらったりして、普段では到底わかることの無いところまでわかった気がします。

    バードランドの皆様&この企画を進めてくれたコバに感謝!☆

    これからもイベントは目白押しですが、皆さん真剣に楽しんでいきましょう!

    キタガワヨウスケ




      レコ全日程終了!!
    Date : 2005-09-02 (Fri)

     皆さんお疲れ様でした。大変長いようであっという間のレコーディングでした。今回のレコーディングは経験をつむというものだけではなく、自分をよく見直すいい機会だったと本当に思います。このような機会を手軽な形で実現させてくれたBirdlandさん本当にありがとうございました。

    次は合宿にPSS合同ライブ、学祭ライブと立て続けにライブがありますが、皆さんこれからも今以上に気合を入れて常に新しいものを求めてがんばってください☆お疲れ様です。そしておやすみなさい。ただいま午前4時。。。

    明日は成績発表ですが、(理工だけかな?)皆さんへこたれずこれを気に再びがんばりましょう。。。

    小林洋一




      レコ一日目終了!!
    Date : 2005-08-31 (Wed)

    ふぁーーーレコーディング一日目が終了しました。。。自分がなんて実力がない、かつへたくそだったかを再度実感しました。へこんでても仕方がないんで、日々努力して改善していけるようがんばりたいと思います。

     明日の二日目は人数が多いバンドや曲の長いバンドが集まっているため、本当にかつかつ。。。でもやらなきゃねー。しんどいけどがんばろっ!!

    この企画が成功しても、しなくても皆がこれを通じて何かを学んでもらえたらと思います。明日レコーディングの人達、がんばってください!!

    小林洋一




      夏休みフゥゥーーーー!!!
    Date : 2005-08-22 (Mon)

    お久しぶりです。みなさん夏休みいかがお過ごしでしょうか?
    今年の夏休みのも、レコーディング・夏合宿・合同ライブ・学園祭企画などイベント目白押しですね!(26日のBBQも来てね!☆)
    まぁみんなそれぞれの充実した夏休みを過ごしてる事だろうと思います。

    さてさて、自分はと言うと今年は引き篭もる事もなく、やたらと外に出かけてます。
    先日、ふらっと金沢の方に出向いたわけなんですが、目的は兼六園散策と金沢21世紀美術館に行くことでした。まぁ兼六園の話はそんなに面白くないので割愛。
    金沢21世紀美術館についてお話しようかなと思います。
    いやー、あそこはホントすごかった!建物自体が既にアートでした。円柱型の建物で、外側は前面ガラス張りでやたらオープンな感じでした。プールを内側から覗けたり、壁一面にサイケデリックなペイントが施してあったり、エレベーターが前面ガラス張りだったりで、五感を刺激しまくるところでした!
    その日美術館でやっていたイベントがあったのですが、現代アートの鬼才マシュー・バーニーの最新作「拘束のドローイング9」と言う映画をやっていたので見てきました。約2時間半という長編だったのですが、、、、

    少し寝てました。。。

    て言うか、自分の理解を遥かに超える映画でした。一体何を言いたいのかさっぱりでした。難解…。確かにアーティストが作った映画だけあって、色使い・画面の構図・衣装・音楽などには只ならぬセンスを感じたのですが、いかんせん映画のテーマが「捕鯨」と「茶道」ですから。。。その時点で意味不明。しかしこの映画のサントラはビョークが担当していて、なんとも幻想的かつ不気味でダークな感じがナイスでした!あのアニメの「AKIRA」のサントラを思い起こさせるような気持ち悪さが、自分にとってはツボでついついCDを購入!☆補足ですがビョークはこのマシュー・バーニーの結婚しているらしい。(しかもできちゃった。)一体どんな子供なのか興味津々。。。

    とまぁ夏休みは時間もたっぷりあるんでこんな事をするのもいいんじゃないでしょうか!
    もっと今回の話を聞きたい方は個人的に話かけてください。1時間は軽く喋れるので。

    同窓会で「自分誰?」って言われてしまった、ベースをやってる方の副代表。





      愛・地球博
    Date : 2005-08-16 (Tue)

     実家に帰り、愛・地球博というものにいってきました。愛・地球博とは言うけれど、あれを作るために山を1、2個破壊してるのを知っているから、地元住民としてはいっておきたいと思っていました。

     テレビ等でよく放送されている日立や豊田館は実に待ち時間4、5時間と聞き、行く気をなくしたので、各国の民族館を見てまわりました。サウジアラビア、イラン、中国、アジア共同館、メキシコ、ドミニカ、スペイン、フランス、ドイツ、アフリカ共同館、シンガポールを一日で回りました。一番印象に残っているのはメキシコ館の色使いと音楽。自然の風景と打ち込み+生演奏の音楽が絶妙にマッチして綺麗な世界を作り上げていました。CDを思わず購入してしまったので、もし気になる方は僕に連絡をくれれば聞かせます☆

     民族館で一番楽しかったのが、パーカッション生演奏会でした。5人くらいの人が手作りらしきパーカッションを強弱をつけながらリズムよく叩く、それに合わせて足につけている鈴も鳴らす。体の奥から湧き上がる何かを感じました。

     そして民族館周りも終わりに近づいていた頃、アフリカ館内で手作りらしき小型のジャンベを購入してしまいました。パーカッションデビューももうじきかもです。

     愛・地球博は民族的なもの以外にも各国の情勢、未来の兆しを見るいい機会になると思います。9月までなので皆さんもぜひ足を運んでみ下さい。

    小林洋一

     




      だらだら。。。?
    Date : 2005-08-06 (Sat)

     夏休みも一週間が過ぎ、皆さんも夏休みモードに入った頃。皆さんいかがお過ごしでしょうか??僕はというと、だらけているのかしっかりしているのかよくわからない生活を送っています。なにかとやることが多く、ゆっくりできない、でもてきぱきやれば時間は作れるはず、そんな感じです。

     最近前にもましてお金がなくなっています。なぜでしょう??以前は食費の一部までもCD代などにつかっていたのでかなりひもじかったのですが、今は以前と比べて全くCDを購入したりレンタルしたりしていないのにもかかわらずこの有様。。。

    にもかかわらず今大変新しい楽器がほしいです。。。欲しい新手楽器ランキングは

    1位 コントラバス

    2位 バンジョウ

    3位 ボンゴ

    4位 AKAIのサンプラー


    サンプラーに関しては安物ではあれど、いちよう持っているので、それ以外で考えると、電気に頼らずとも音が出るというすばらしい機能を持っています。なんか本末転倒にも思えますが、そのようなアナログな音を私はひどく欲しているのです。。。




    誕生日プレゼントにくれてもいいですよ☆

    小林洋一
     




      夏休み☆
    Date : 2005-07-31 (Sun)

    夏休みついにきましたねー☆僕はテスト中ためにためた疲れを取るため一生懸命寝ました。代表に就任して早5ヶ月。人間やろうと思えば何だってできるということと、人間睡眠は不可欠ということをしみじみ実感しました。

    今日バードランドの中嶋さんと連絡してレコーディングの概要について話していた。僕は全く知らなかったが、この話はさかのぼること2年前から話が持ち上がっていたらしい。中嶋さんは今年こそ実現できると意気込んでいた。ふむふむ、僕らもがんばらなければ!!


    たかが1曲、されど1曲

    2曲レコーディングするバンドはなおさらだけど、一つの曲を全力で完成させることの楽しさや大変さをここで実感できればと思います。この完成度を次のライブに、そしてこれからの自分に反映できるようになれば幸せです。夏休みはそれ以外にもいろいろあって忙しくもあれど、学校があったときよりも必ず時間があるはずだから、この時間を有効活用していろいろなことを学んでいきたいと思う。

    音楽理論もそろそろしっかりやっていこうかなとか思うけど、それ以上に“感性”を磨きたい。たくさんの音楽聞いて、たくさんのいい景色みて、たくさんのことを経験したい。聞くジャンルとかだけじゃなくて、いろいろな意味で自分の音楽性の幅をより広くできるような夏休みにしたいと思う◎

    小林洋一




      Rock'n Roll Night!!
    Date : 2005-07-24 (Sun)

     昨日は夜から梅田でRock'n Rollオールナイトイベントに行ってきました。テスト中にも関わらず朝までRock'n Rollなんてホント俺ってRock' n Roll Guy。でもそれには理由があります。そのイベントに僕の憧れの先輩のバンドが出演していたからです。

     その人の名前は濱田健嗣。僕の5 コくらい年上のスタジオの店長さん。(今は退職してバンドに専念しているらしい)初めての出会いは高校一年生のとき。
     学校の2個上の先輩に誘われた外のライブイベントのとき、その人はGibsonの黄色いSGに橙色のモヒカン、見るからにRock'n Rollerな服装をしていてうわーすげえって思った記憶があります。見た目もめちゃかっこよかったんですが、演奏はもっとすさまじいものでした。少しシャガレた魂のこもった声、見る人を圧倒させる演奏、パフォーマンス、自分にとって本当に衝撃的でした。そのとき聞いたのが先日Music Batonで話したothersideです。

     別れてから3年の月日が経ち、その人は今は3 pieceのオリジナルバンドでがんばっていました。そのバンドを見ると。。。


    「あ〜、やっぱこの人すげーわ。」

     以前以上にかっこよくなって帰ってきたその人の曲は僕を曲の雰囲気の中に連れ込んでいきました。声は本当に魂が込められていました。期待以上のものに魅せられて、そしてどことなく懐かしいRock’n Rollの雰囲気に夜中にもかかわらずテンション上がりまくりでした。友達が予定があっていけなくて、それでも一人で行って本当によかった。

     その人達は音楽、演奏、そしてライブを本当に心から楽しんでいました。そのスタンスに自分がイツしか忘れていたものを少し思い出したように思います。その人のバンドのCDは今月中に全国販売されるらしいです。

    “RAT”

    というバンドを見かけたらとりあえずチェックしてやってください。ライブは本当に最高です。


    PS. ツイストダンスを少々覚えました。これからはより音楽に魂込めてツイストandブギウギしていくんでよろしく!!

    ぶちかましてやります。

    小林洋一




      夏バテ気味。。。
    Date : 2005-07-23 (Sat)

    最近喉の変調と食欲の無さに少々萎え気味です。。。
    喉の調子が悪いのにも関わらず、煙草を吸う自分。咳き込みながら煙草を吸う自分。もう堕ちるとこまで堕ちたかなと・・・・

    どうも、メガネフェチの方の副代表です。

    今学期、代表とジェダイマスターの方の副代表はテストが忙しそうなのだが、自分はテストが3つだけと言うスケジュール的には比較的楽なテスト期間を過ごしてます。(その代わり3つともガチンコなんで結構勉強をしなきゃダメだけど。。。)
    「そんなんやったら日記書けよ!」って?
    ほんとその通りです。すいません。だって書くネタことごとく書かれちゃってるし。。。

    まぁ今日は練習でふと思ったことを書こうかと、、、

    自分はホデロサ(Hoderossa)と言うバンドで活動している訳だが、今日も甲東園はバードランドでみっちり練習してきました。ただいま曲作りを絶賛行っており、メンバーみんなオリジナル曲を作ったことがあまり無いので手探りで行われています。
    で、オリジナル曲なんかを作っていると、自分の今の力量なんかが客観的にわかるなぁとすごく感じます。こんなんは出来るけど、これは今は出来ひんなぁ〜みたいなね。
    でもこれは次への自分に対する課題が分かるし、こうやってやればいいのかぁなんてのも見えてきます。
    特に自分はベースと言うパートの性格上、リズムを刻まなければいけません。それはやっぱりドラムとの絡みなんかを考えてベースを弾くことがまず優先となって来るでしょう。
    で、ホデロサのドラムス(ジェダイマスター)は、キメや変拍子、スネアの位置をわざとずらすとか、複雑なことが好きな野郎なので、結構苦労します。。。そしていろいろ要求してきます。それが出来なかったときの悔しさと言ったら…。(でもそれ以上に楽しみのほうが大きいYO!!)
    オリジナルはコピーやカバーと違いなにも無いところから出発するので、自分の力量が100パーセントでます。たぶん。。。

    つらつらと駄文をすんません…。では、テストもあと少しやし、テストが終われば夏休みやし皆さん頑張っていきましょう!!BBQしてーよー。お酒飲みてーよー。

    北川陽介




    - SunBoard -